大判プリンタ、カッティングマシン、メディア等の機器・資材販売|セルカム株式会社

『株式会社アートフリーク様』製品導入事例

2017年6月の時点では第一世代Latexをご使用中でした。当時、買い替え検討中で結果的にLatex560を導入いただきましたが、何が決め手になりましたか?

元々ずっとLatexプリンタは使用しておりました。1台目のL25500は2011年1月に導入、要は5年保守契約が切れた時点で買い替えを考え始めました。溶剤・UV・Latexと、色々なタイプのインクがありますが、弊社の環境ではやはりLatexが一番フィットしていたため、上位機種のLatex560を選択しました。
初代モデルから比較すると、プリントスピードも早くなっていますし、何よりもウォームアップの時間が大幅に短縮された事が嬉しかったです。エッジガードが付いたことで用紙押さえも簡単になりました。巻き取りの精度も格段に上がり、トータルでかなり生産性がUPしましたね。
これら全てが上手く合わさって、2018年3月に2台目を増設した事に繋がります。

   

ありがたいお話です。当時の事を思い返すと、完全な分業スタイルでプリントスタジオのみという感じで、ラミ加工やマウント貼りは外注扱いでしたよね?

元々が出力ルームと名乗っていた事もあって、社内にも「ラミ加工はできません」と言っていました。
パネル貼りも手で貼れるような簡単な物や、現場で急ぎ必要になるような物しか対応していませんでした。

2018年のサイン&ディスプレイショーにセルカムがZUNDを展示しまして、そこで初めてZUNDをご覧いただき、それからZUNDにご興味をお持ちいただいたかと思います。実際に導入いただいた訳ですが、どういったきっかけや経緯だったのでしょうか?

仰って頂いたように、あの時初めてZUNDという物を認識しまして、その時は導入したいなんて考えてもいなかったです。しかし、前事務所の半分が倉庫化していまして、社内でも「物置としてあのスペースを占有するのはもったいない」という声が挙がっていました。
何とかしたいという気持ちから、当初はホワイトインク搭載のプリンタの増設も考えていたのですが、外注に頼っている加工部分を内製化した方が良いんじゃないかと思い立ったのがZUND導入計画のスタートです。
ただ、金額がこれまでの導入マシンと全然違うので、社内に挙げたとしても通る訳がないと思いつつ提案してみたところ、意外とハマりました(笑)。
当初は前事務所でやろうと考えていたのですが、もしあのままだったらZUNDだけで場所が埋まっていました。現在の事務所に移れたおかげでフラットベッドアプリケーターまで設置できましたし、かなり環境改善できました。



現事務所への引っ越しもあって、色々な事が重なって発生しましたね。

まさに「青天の霹靂」でした(笑)。

様々なカッティングマシンがある中で、ZUNDをご選択いただいた決め手は何でしょうか?

他社製品も色々とネットで調べたり実際に見学に行かせていただきましたが、ZUNDになった決め手は見た目のカッコよさではないでしょうか(笑)。やはりZUNDのあのスタイリッシュさは社内でも話題にはなりましたね。
セルカムさんとの付き合いも実績もあったので、安心して任せたかったというのが本当のところです。



ありがとうございます。では、ZUNDを導入してから良かった点、働き方に変化等は出ましたか?

まずは、圧倒的に内製化が進んだというところです。次に、カットスピードがとにかく速い。場合によっては手でカットした方が綺麗な仕上がりになる事はありますが、そのあたりをひっくるめても、やっぱりZUNDの生産性はすごいです。



それと、これまで怪我が一度もないというのも嬉しいところです。私もカッターで指を切ってしまった事がありますが、やはりどうしても怪我は付き物だったので、それが「怪我ゼロ」になった事は会社にとっても大きなところです。

そうですね、これまでにZUNDを導入いただいた会社さん全てが仰っていただいておりますが、「労災が相当減った」というのは良く耳にしますね。

働く側としては安心感がありますよね。



メインのハードウェアの話ではありませんが、重要な付帯設備であるRIPについてお聞かせください。Latex560を導入いただく際にCalderaをご選択いただきましたが、これはどういったきっかけでしょうか?

10年以上前からずっと他メーカーのRIPを使っていて、それ以外の情報もなかったため、「プリンタを動かすソフトはこういうものだ」と思い込んでいました。時が経つにつれて、他メーカーの情報も入ってくるようになってきましたし、Latex560を導入する際にも初めは別のRIPで考えていました。
ただ、その時に問題として立ちはだかっていたのがデータの分割作業です。これまではIllustratorでデータ分割をしていて、非常に効率の悪い作業でした。弊社の業務内容のメインである展示会装飾で壁面グラフィックのデータ分割というのは、切っても切れない重要な仕事です。4〜5分割なんてのは当たり前で、時には20近く分割して経師紙をプリントする事があります。これをIllustratorで実データを分割して保存、分割の数だけデータ数も増え、それらを一つずつ処理してプリントしてくというのは大きなタイムロスでした。PCやサーバのストレージ圧迫にも繋がります。
そんな時にセルカムさんからCalderaを提案していただいて、RIP側でタイリング(分割)できるという事を知りました。当時、導入前にセルカムさんにお邪魔して何度も検証していただきましたが、RIP側で分割できるというのは前述した作業を短縮できるので、すごく大きなメリットです。それができるのならCalderaに切り替えても良いと思い、決断しました。



確かに、長年使い慣れていたものからの変化に不安はありましたが、色の設定や全ての部分でサポートしていただいたので、いざ変更となった時はあまり躊躇なく移行できましたね。今では使い慣れたからかもしれませんが、Calderaはとても使いやすくとにかく速いです。
分割作業が1/10、いや、1/20くらいのスピードで作業を進める事ができるようになりました。

それは我々にとってはとても嬉しい感想です!

もしかすると他メーカーのRIPでも同じような機能があるのかもしれませんが、あのタイミングで相談できて長年の大きな問題を解決できて本当に助かりました。

ご存知のように、弊社もCaldera以外のRIPを扱っておりますが、分割の部分に関してはCalderaが一番扱いやすいですよ。自由度が高いというか、分割の指示書発行までしてくれるRIPは我々も他に知らないですね。


分割した内容をpdf変換してくれて、それを施工時の貼り分け指示書として利用できるのも、とても有難いです。Macで使えるRIPというのも大きいです。普段使用しているPCがMacですので。



CalderaとZUNDの連携に関してはいかがでしょうか?

データの段階で、カットラインをスウォッチで指定してあげるだけでカットの設定もできますので、慣れてしまえば本当に速いです。プリントと同時にカットデータがZCC(ZUND CUT CENTER)に行ってますので。あと、QRコード機能がとても便利です。



ZCC側でQRコード管理しているため、出力物とカットデータに間違いが起こる事がありません。弊社ではプリント、ラミ、マウント、ZUNDカットを複数のスタッフが行っていますが、このQRコードのおかげで、誰が出力したデータであっても、迷うことなくカット作業が進められます。



最先端のワークフローとして完成されていますね。


今となってはですけどね(笑)。
Caldera導入当初は毎日のように電話してトラブル対応してもらってました。

その節は失礼しました(笑)。
さて、そろそろお時間になりますが、アートフリーク様としての今後の展開はいかがでしょうか?

展示会やイベントがまだまだ本調子ではありませんので、よりBtoC向け、一般消費者向けのアイテム製作を始めています。アクリルやMDF等で雑貨のようなものを作ってみたり…
あとは新木場の方にも弊社の木工スタジオがありますので、そこと連携して木製テーブルを作ってみたりと、色々と挑戦中です。売り上げUPを目指すのは勿論ですが、スタッフのスキルUPにも繋がると考えております。



最後に、御社の会社概要をお願いします。

まず1に、空間プロデュースを行う会社です。展示ブースのデザインおよび施工、さらにイベント事務局の企画・運営。店舗やショールーム等、常設施設の企画・デザイン・施工管理を手掛けております。もう1つが、グラフィックや映像、web等のデザイナーが作るコンテンツ製作です。

この2つを主軸としてやっております。
また、コンセプトとして「お客様に寄り添っていく」というのを掲げております。弊社は営業もたくさんいますが、デザイナー等のものづくりの製作スタッフもたくさん揃ってますので、ただデザインするだけでなく「ものづくりのスペシャリスト集団」として提案・企画・デザイン・施工・運営・撤去まで一貫して行ないます。
ただの製作会社でもなく、デザイン会社でもなく、トータルで提案します。


本日はありがとうございました。




※このインタビューは2020年9月18日に実施しました。
【今回インタビューさせていただいたお客様】
葛西ファブリケーション 課長
片桐 隼人
KATAGIRI HAYATO

お客様のプロフィール

会社名 株式会社アートフリーク
業種 空間デザイン
設立 1990年11月1日
所在地 【本社】
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-20-8八丁堀綜通ビル4F
【ものづくりファクトリー】
〒136-0082 東京都江東区新木場3-4-11
【葛西ファブリケーション】
〒134-0084 東京都江戸川区東葛西8丁目19-20
電話番号 【本社】
03-3537-2211
【ものづくりファクトリー】
03-3522-7131
【葛西ファブリケーション】
03-6262-8760
関連リンク https://www.artfreak.co.jp/

導入製品

同シリーズ

型番 仕様
Zünd S3 Cutter 最大加工厚:25mm/最高加速度:14.1mm/s2

この製品についてのご質問・お見積りの
ご依頼はこちら

お問い合わせフォーム

その他の製品導入事例一覧を見る

  • 印刷業株式会社堀内カラー 様

    株式会社堀内カラー 様

    印刷業株式会社堀内カラー 様

    他社の機械には無い背面の操作ボタンのおかげで、セッティングの時の段取りの工数を下げることができました

    導入製品:ネーシェン社(NESCHEN)|Hotlam1650TH

    Hotlam1650TH

    導入製品:ネーシェン社(NESCHEN)|Hotlam1650TH

    • フィニッシング
    • ラミネーター
  • 印刷加工
    サイン・ディスプレイ・店舗販促物等のデザイン、制作、施工・広告媒体化
    株式会社フジサワ・コーポレーション 様

    株式会社フジサワ・コーポレーション 様

    印刷加工
    サイン・ディスプレイ・店舗販促物等のデザイン、制作、施工・広告媒体化
    株式会社フジサワ・コーポレーション 様

    過去5年間の繁忙期での残業時間+総稼働率を数値化しているのですがそこから比較すると、60%の業務時間の改善をすることができました。

    導入製品:ズンド(Zünd)|Zünd S3 Cutter

    Zünd S3 Cutter

    導入製品:ズンド(Zünd)|Zünd S3 Cutter

    • フィニッシング
    • カッティングプロッタ
  • 印刷業株式会社ワイドプリント 様

    株式会社ワイドプリント 様

    印刷業株式会社ワイドプリント 様

    海外では普及していたファブリックサインが日本ではまだまだ普及しておらず、今後この業界が伸びていくと思い導入しました。

    導入製品:イーエフアイ(EFI)|EFI VUTEk FabriVU180/340

    EFI VUTEk FabriVU180/340

    導入製品:イーエフアイ(EFI)|EFI VUTEk FabriVU180/340

    • インクジェットプリンタ
    • テキスタイルタイプ
    • 4色
  • 印刷加工(広告類の企画制作、研究開発、製造加工及び販売)大同工芸株式会社 様

    大同工芸株式会社 様

    印刷加工(広告類の企画制作、研究開発、製造加工及び販売)大同工芸株式会社 様

    従来の製作製法では、最短でも2日から3日かかりましたが製作工程も短縮され、急ぎのものであれば1日で製品出荷対応ができるようになりました。

    導入製品:ネーシェン社(NESCHEN)|Hotlam1650TH

    Hotlam1650TH

    導入製品:ネーシェン社(NESCHEN)|Hotlam1650TH

    • フィニッシング
    • ラミネーター
  • 印刷加工(サイン・ディスプレイ・店舗販促物等のデザイン、製作)株式会社テイクコーポレーション 様

    株式会社テイクコーポレーション 様

    印刷加工(サイン・ディスプレイ・店舗販促物等のデザイン、製作)株式会社テイクコーポレーション 様

    今まで手切りでしていた薄い梱包材料のカットも、定型サイズでたくさん一度に切ることで事前に用意でき、無駄の削減につながっていると思います。

    導入製品:ズンド(Zünd)|Zünd G3 Cutter

    Zünd G3 Cutter

    導入製品:ズンド(Zünd)|Zünd G3 Cutter

    • フィニッシング
    • カッティングプロッタ
  • 作務衣・雪駄・甚平・半纏などの企画・製作・販売事業株式会社江戸てん 様

    株式会社江戸てん 様

    作務衣・雪駄・甚平・半纏などの企画・製作・販売事業株式会社江戸てん 様

    抜染事業の拡大を検討する上で印刷範囲を大きくし商品開発の幅を広げ、さらに生産効率を高めたいと思い検討をはじめました。

    導入製品:コーニットデジタル社(Kornit Digital)|Avalanche DC PRO

    Avalanche DC PRO

    導入製品:コーニットデジタル社(Kornit Digital)|Avalanche DC PRO

    • インクジェットプリンタ
    • テキスタイル
    • ガーメントタイプ
    • 4色+Wh