大判プリンタ、カッティングマシン、メディア等の機器・資材販売|セルカム株式会社

日本ヒューレットパッカード(HP) Latex 800W

日本ヒューレットパッカード(HP) Latex 800W

遂に搭載されたラテックスホワイトインク。3Lインクタンクを採用した。ハイエンドホワイトモデル。

標準販売価格3,980,000円(税別)

セルカム特別価格でご提供!

お問い合わせ・お見積もり

業種・用途

  • 屋外・サインディスプレイ

  • 印刷・ポスター・POP

  • カーラッピング

スペック

項目 概要
製品名(型番) Latex 800W
メーカー名 日本ヒューレットパッカード(HP)
最高解像度 1,200dpi× 1,200dpi
プリントヘッド数 10
用紙サイズ 64インチ
印刷可能範囲 W254mm~1,625mm (標準対応幅 584mm~1,626mm)
インク種類 HP Latexインク
インク容量 3L
色数 9色(ブラック、シアン、ライトシアン、ライトマゼンタ、マゼンタ、イエロー、オプティマイザ―、ホワイト、オーバーコート)
電源・電圧 入力電圧(自動調整)AC200~240 V(-10% +10%)
ワイヤ2本とPE、50/60 Hz(+/- 3 Hz)
電源コード2本
コードあたり最大プリンタ 16A 硬化:16 A
消費電力 1.8~2.8 kW (ピーク時は 5.0 kW) 105 W
本体サイズ W2,583mm×D866mm×H1,402mm
本体重量 300kg
インクコスト 52,000円(定価)

製品の特徴

待望の白インク搭載

Latexユーザー待望のホワイトインクがついにHP Latex 700 W、HP Latex 800 Wに搭載されました。

Latexインクなので印刷と同時にインクを硬化。即後加工も、もちろんOKです。

現時点で2層印刷、3層印刷に対応しています。


インク循環システム

インク詰まりを防ぐため、チューブ内でインクが自動的に再循環されます。

ホワイトインクのプリントヘッドは、24時間以上使わない時には取り外して格納しておきます。

格納された状態でも、一定時間が経過すると回転して、ヘッド内のインクを循環してくれます。


プリントヘッドが150%サイズアップ

新開発のプリントヘッドは各ノズルにマイクロポンプを搭載。

ノズル内にもインクの循環システムがあるため、内部のインクの乾燥を防ぎます。

ノズル幅も従来の22.2mmから33.3mmと150%拡がり、スピードアップにも繋がりました。

ドロップサイズも12plから10plにダウン。シャープなテキストを再現します。

入れてください。

オーバーコートインク

第3世代では、カラーインクの中に含まれていた抗スクラッチ剤を

第4世代では、一つのインクとして搭載しています。


進化したスマートパネル

フロントタッチパネルの視認性、反応、全てが進化しました。

パネル本体に100個までのジョブデータをストックすることができるようになり

RIPを介さずにリプリントすることが可能となりました。


最大30%の低温化

インクが新たに改良され、さらに低温でのプリントが可能になりました。

プリントゾーンにも温度センサーが内臓され、常に管理制御されています。

今まで以上に対応メディアの幅が広がります。


大容量3Lインク

800 / 800Wシリーズでは3000mlインクを採用。

ホワイトモデルに搭載されるホワイトインク含めて

全て定価は52,000円。インクコストも17.3円/ccと

第3世代と比較するとお安くなりました。