大判プリンタ、カッティングマシン、メディア等の機器・資材販売|セルカム株式会社

ミマキエンジニアリング(Mimaki) Mod.856

ミマキエンジニアリング(Mimaki) Mod.856

Monti antonioシリーズ。ロール・端材どちらにも転写可能なハイブリッドモデルの転写機

標準販売価格6,680,000円(税別)

セルカム特別価格でご提供!

お問い合わせ・お見積もり

スペック

項目 概要
製品名(型番) Mod.856
メーカー名 ミマキエンジニアリング(Mimaki)
最大転写有効幅 1,600mm
標準テーブルサイズ 910mm
シリンダー幅 1,800mm
シリンダー直径 350mm
エアー加圧力 3-8bar
スピード 0.3-4.0M/min
電源 3相230V、50/60Hz
消費電力 230V=50.0A/200V=57.5A
本体サイズ W3,188mm×D2,399mm×H1,422mm
本体重量 1,800kg

製品の特徴

Mod.856
Monti ANTONIO「Mod.856」
繊維の本場イタリアで50余年にわたり、世界70カ国で1万人以上の顧客に愛されている転写機の製造販売トップメーカー、モンティアントニア社の転写機。

■オイルヒーターシリンダー
シリンダー中でオイルを真空密閉された中央抵抗(発熱体)によるMonti特許の加熱システムを使用しています。
オイルの継続的な循環によりシリンダー表面温度の完全な均等(温度誤差±1℃以内)を確実にします。
オイルヒーターシリンダー
写真左上:真空密閉されたシリンダー、写真右上:シリンダードラム端の温度も温度ブレなし

■転写紙、ベース紙のテンションを一定維持
マニュアルトルク調整でテンションの微調整が可能となり、転写紙、ベース紙のシワを防ぎます。
・繰出し時のブレーキ制御
・エアー圧力巻取りの強さ制御
フェルトマット(NOMEXフェルト使用)をマニュアルでテンション変更可能。
繰出しのブレーキや巻き取りの強さをマニュアルトルクで微調節
- 繰出しのブレーキや巻き取りの強さをマニュアルトルクで微調節

左右のフェルトテンションをエアートルクで微調整
- 左右のフェルトテンションをエアートルクで微調整

■簡易的なオペレートシステム
不慣れなオペレーターでも簡単に操作できるようになっております。
・フェルトマットの自動センタリング装置付き
・Partial meter counterで生地の長さをあらかじめ登録
マシンのON/OFF時間を週単位でプログラム可能。
フェルトが左右に片寄ってきた場合 自動で真ん中に戻ります。
- フェルトが左右に片寄ってきた場合自動で真ん中に戻ります。

あらかじめ決められた量の記事の長さを登録するとアラームでお知らせいたします。
- あらかじめ決められた量の記事の長さを登録するとアラームでお知らせいたします。

ヒーターの立ち上げ時間を設定すれば作業時間に支障が出ません。
- ヒーターの立ち上げ時間を設定すれば作業時間に支障が出ません。

同シリーズ・関連製品

型番 仕様
Mod.200 長い素材にも対応できる真空フラットベッドモデル/標準価格:6,780,000円
Mod.855 高性能・ハイブリッドモデル/標準価格:10,280,000円
Mod.180-T ロール・端材どちらにも転写可能なハイブリッドモデル/標準価格:3,980,000円
Mod.901 高性能・スーパーワイド、連続ロールモデル
Mod.75CFE 真空密閉されたオイルヒーター採用、連続ロールモデル/標準価格:4,480,000円
Mod.120-T 限られたスペースで設置可能な、ハイブリッドモデル/標準価格:2,980,000円
Mod.120-CFE 限られたスペースで設置可能な、連続ロールモデル/標準価格:2,680,000円