大判プリンタ、カッティングマシン、メディア等の機器・資材販売|セルカム株式会社

ミマキエンジニアリング(Mimaki) CG-75FXII

ミマキエンジニアリング(Mimaki) CG-75FXII

精度、スピード、操作性、3拍子揃ったロールタイプ・カッティングプロッタの最高峰「CG-FXIIシリーズ」。

標準販売価格580,000円(税別)

セルカム特別価格でご提供!

お問い合わせ・お見積もり

業種・用途

  • 屋外・サインディスプレイ

スペック

項目 概要
製品名(型番) CG-75FXII
メーカー名 ミマキエンジニアリング(Mimaki)
セット可能シート サイズ:90~1,040mm、ロール重量:18kg以下、ロール外径:φ200mm以下
カット可能範囲 760mm×51M(※使用ソフトにより最大送り長に制限があります。)
オートカット範囲 最大870mm(※ 切り落とし可能なシート幅です。)
カット可能素材 塩ビシート(厚さ0.25mm以下)、蛍光シート、反射シート※蛍光シート専用刃(SPB-0007)、反射シート専用刃(SPB-0006)使用時。
使用可能ペン カッター、水性ボールペン、油井ボールペン、市販ボールペン※直径8mm~9mmの市販品のペンです。ペン先位置がばらつきますので、精度・画質は保証外です。
最高速度 140cm/s
反復精度 ±0.2mm(フィルムの温度による伸縮を除く)
電源 AC100V~240V、145VA以下
本体サイズ W1,285mm×D700mm×H1,217mm
本体重量 50kg

製品の特徴

CG-FXIIシリーズ
精度、スピード、操作性、3拍子揃ったロールタイプ・カッティングプロッタの最高峰
カッティングシートをカットした切り文字も!
インクジェットプリンタでの出力したグラフィックを輪郭カットしたシール、ステッカー、ラベルも!
どなたにでもお使いいただける扱いやすさと、お求めいただきやすいお手頃価格の「CG-FXIIシリーズ」で、あなたのアイデアが開花します。

・2段階クランプ圧力切換機能で、厚物をはじめ端材など様々なシートに対応。

・ジョグスピード3段切替で、ヘッドの位置合わせが簡単。

・「オーバーカット機能」でカット開始点と終了点を任意にオーバーラップさせることにより、メディアの切残しをなくします。

・フロントローディング機能で、フロント・リアどちらからでも出力が可能。

・RS-232CとUSBの2つのインターフェイスを採用。

・オプションにて最大6本のロールシートをセット可能。(標準装備:1本)

・市販のペンを取付けられる専用アダプターを標準添付。

■連続トンボ読み取り機能<特許取得>
連続トンボ読み取り機能
トンボ入りで面付されたデータをインクジェットプリンタで出力。このシートのトンボを自動で連続的に読み取り、個々に自動補正しながら複雑な形も連続して正確にカットします。トンボ位置データを、標準添付のプラグインソフト「FineCut 8」からコマンドで受けるため、トンボ間を高速で移動することが可能。さらに、最大4点のトンボ読み取りモードにより補正精度を飛躍的に向上させました。

X軸とY軸方向に複数連続配置された面付けデータも、自動で1組ずつ補正しカットすることができます。

■2種類のカッターで作業効率アップ
2種類のカッターで作業効率アップ
カッティング作業終了時に、シートを自動で切り離すオート裁断カッターを標準装備。

■仕上がりに差が出る独自の点線カット
仕上がりに差が出る独自の点線カット
独自技術の点線カットにより、メディアを切り抜くことが可能。製作物は、わずかなつなぎめだけを残しメディアと一体になっているので、現場での作業が容易に行えます。もちろん必要なときに簡単に手ではずせます。
※Mimakiの独自開発による技術です。

同シリーズ・関連製品

型番 仕様
CG-160FXII セット可能シート:90~1,880mm/ 標準販売価格:1,180,000円(税別)
CG-130FXII セット可能シート:90~1,580mm/ 標準販売価格:980,000円(税別)